平板載荷試験

舗装設計や盛土の管理に最適

地盤の平板載荷試験は、原地盤に直径30cmの載荷板を設置して段階的に荷重を載荷し、そのときの載荷荷重と地盤の沈下量から、地盤の極限支持力や地盤反力係数などを求めます。荷重を載荷する際には、反力荷重が必要となりますので現場の状況に応じて鉄板やバックホウなどを用い荷重を与え、この荷重の大きさと載荷板の沈下の関係から地盤の変形や強さなどの基礎地盤の支持力特性を検討いたします。
また、構造物の設計荷重確認を目的とする場合、試験最大荷重は設計荷重の3倍以上に設定し、載荷方法には段階式載荷(1サイクル)と段階式繰り返し載荷(多サイクル式)があり、目的に応じ実施いたします。

PAGE TOP