深層地盤混合処理工法

セメントミルクで杭状の改良体を形成

地中にミルク状のセメント系固化剤を注入しながら、混合・撹拌を繰り返し、柱状改良体(コラム)を形成。
コラムは太いので摩擦力がかかり、高い支持力を発揮します。(最大深度約8m)

PAGE TOP