TECOT PILE工法

「低コスト」・「施工管理」・「高品質」杭基礎工のすべてのニーズを満たす、次世代鋼管杭「TECOT PILEテコットパイル

施工管理が充実Construct Management
スライドウェイト試験を採用
低コストLow-cost
業界初!!鋼材を見直し低コストを可能にした角型鋼管杭(100㎜×100㎜)を新たにラインナップ!
信頼性Reliability
国土交通大臣工法認定と日本建築総合試験所の建築技術性能証明の両方を取得。
幅広い支持層Wide support stratum
砂土質地盤(砂質地盤を含む)、粘土質地盤の両方に対応。
省スペースSpece-saving
施工に必要なものは、小型施工機のみ。杭材も小型トラック(2t~4t)で搬入可能。
高支持力High bearing capacity
独自開発の先端拡翼部によって、くいの先端支持力係数α=270を実現。
低騒音・低振動Low noise,Low vibration
回転貫入方式は低騒音・低振動。都市部、住宅密集地、建物屋内等での杭施工に最適。

「スライドウェイト試験で施工管理が充実」

試験杭は、本杭施工時に必要な情報を入手するために実地するもので当現場における1本目に施工する杭を指す。なお、試験杭の本数は杭径、施工機種毎に1本ずつ実施する。
支持させる地盤の確認と打ち止め管理は、地盤調査結果から求まる支持させる地盤の所定深度と試験杭施工時に得られた施工トルクを打ち止め管理値とする。また、スライドウエイト試験を行う。

本杭の打ち止め管理値に決定に用いる施工トルクと1回転あたりの貫入量の測定は以下の要領で行うこと。

  • ①打ち止め管理時における施工トルクの測定は、くいの 鉛直性を保った状態で行う。
  • ②打ち止め管理時における1回転あたりの貫入量は20回 転以上させて測定した平均値とする。

なお、施工トルク値が試験ぐいで決定したトルク管理値を下回る場合や貫入量管理を行う場合は、スライドウエイト試験を行う

試験杭と本杭の地盤確認と打ち止めまでのフロー

国土交通大臣 認定工法・建築技術性能証明 取得工法の仕様

テコットパイル工法(国土交通大臣認定)

支持地盤 砂質地盤(礫質地盤を含む)、粘土質地盤
試験方法 標準貫入試験
先端N値 4≦N値≦50
鋼管の寸法 φ101.6~φ267.4
拡翼径の寸法 φ250~φ650
最大施工深さ 130D以下かつ34.7m以下
適用する建築物の規模 延べ床面積の合計が50,000㎡以下の建築物

テコットパイルSR工法(建築技術性能証明取得)GBRC 性能証明 第10-08号

支持地盤 砂質地盤(礫質地盤を含む)、粘土質地盤
試験方法 スウェーデン式サウンディング試験
ラムサウンディング試験
先端N値 4≦N値≦20
鋼管の寸法 φ101.6~φ165.2、100×100
拡翼径の寸法 φ250~φ400
最大施工深さ 130D以下かつ14.5m以下
適用する建築物の規模 延べ床面積の合計が500㎡以下の建築物

カタログダウンロードはこちら

PAGE TOP