YOSAKU工法(自立式擁壁)

画期的なフーチングレス擁壁

当社発明の自立式擁壁『YOSAKU 工法』は背面土圧と鉛直荷重を支えるためにコンクリート壁(土留壁)と杭基礎との一体構造を特長とした工法です。


なお本工法は、傾斜地や高低差が伴う場所で擁壁(土留壁)工事を計画する際、従来のような基礎ベースを必要としないため掘削時における土の問題(移動・処理・軟弱化など)と周囲への影響コストを最小限に抑えることを特長とします。

YOSAKU施工風景

YOSAKU工法 参考図

カタログダウンロードはこちら

PAGE TOP