セメント系改良工事のリスク

軟弱な地盤にセメント系固化材を使って行う地盤改良工事では、
発ガン性物質である「六価クロム」発生の危険性があります。
土質によってはセメントを混ぜると「六価クロム」が
発生してしまうのです。特に火山灰質の土質ではその
発生率が非常に高くなります。
安易な地盤改良工事のために、あなたの家の足元で
発ガン性物質が発生するかもしれないのです。

2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されています。
この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生
した場合、その土地の所有者は、汚染物質の浄化義務を
負わなくてはなりません。しかも家族の健康を害する危
険性もあるのです。
安心できる暮らしのために、地盤改良には最適な工法を
お選びください。
関連リンク

PAGE TOP