東部がお届けするインフォメーション・レター

Vol.892018年1月号

PICKUP.1あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

PICKUP.2経理マンが行く戌年

今年は戌年ですね、愛犬家の方は年賀状に写真をプリントした方も多いと思います。
今回はその戌年について少し調べてみましたのでご紹介します。

戌年の意味
戌年の戌の字は「滅」に繋がります。それは滅びや朽ちるという意味ではなく、実際は「植物が育っていき、花が咲き、実をつけ食べごろが過ぎた後、自分の実を落として、本体の木だけは守る」、「新しい命を守る」という意味があるそうです。
赤ちゃんを宿し時期がくると、縁起のいい日とされる戌の日に腹帯を巻きます。安産のためだけでなく、「赤ちゃんを守ってもらう」という意味もあったのですね。

戌年の傾向
前年は酉年で「商売繁盛」や取り→採りと収穫を意味があり比較的良い意味の年でしたが、戌はその後になりますので「守りの年」「収穫後の年」になります。

守護本尊
戌年は阿弥陀如来が守護本尊で「極楽浄土に導き、救済の力、滅罪、敬愛」の利益があると言われています。ただご利益を待つだけでなく、戌年には勤勉で努力という意味もありますので、ご利益を自ら手繰り寄せるよう努力して行きましょう。

戌年生まれの性格と運命
世話好きでおせっかい・・・役に立ちたいという一心で、おせっかいをしてしまいます。
正直者で頭脳明晰・・・正直で頭脳明晰な人が多いのも、戌年の特徴。
優しい性格・・・一途で真面目なので、騙されやすいという一面も。
他人を責めたり批判しない・・・他人を責めたり批判したりすることはほとんどありません。
ネガティブ・・・物事のマイナス面を見がちなので心配症です。
潔癖性で頑固・・・潔癖性で頑固な一面もあります。
正義感が強い・・・戌年の人には正義感が強い人が多いです。
忠誠心が強い・・・人を裏切ったり、だましたりすることを嫌う人が多いです。
協調性がある・・・視野が広く、周りに気を使いながら行動できます。
安全志向・・・安全を第一に考え、規範やマナーを忠実に守ります。

干支の置物(可愛くても「玄関」だけはNGなのです!)
せっかくの戌年だからといっても、玄関に飾る犬の置物は干支でなくてもNGなのです。 もともと十二支の干支の置物を飾ることは縁起がいいといわれています。ですが、戌年だけは縁起が悪いとされているのです。不思議ですよね。 雪の日に歌うあの歌、「犬は喜び庭かけまわり」とありますよね。 つまり、犬は庭(外)を駆けまわる動物なので、よい運が入ってきてもすぐに出て行ってしまう、ということなのだそうです。 玄関に飾るのは残念ながらNGですが、リビングのように人が集まる場所はOKです。見ていて楽しくなったりホッとしたりするような写真を置くと、家族の絆が深まるだけでなく健康をプレゼントしてくれるとか。 また、縁起がいいといえば、裏口に犬の置物をセットすると災難から守ってくれるという意味があるそうです。ただ、南東の方角は避けたほうがいいそうなので、犬グッズを置くなら、西南西がいいそうです。

本年もみなさまにとって、すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます。

PAGE TOP